FC2ブログ

旧約星井美希と小松伊吹と、これからの1年の話

美希


「最初の星井美希」のプロデュースのとき。

いわゆる「覚醒美希」じゃない、バニラの、
「ビジュアルスターを目指した」14歳星井美希は、
1年にも満たずに頂上に登り詰めて、
各国のスーパーモデル達に注目されながら、
実現可能な未来として、ある目標を語った。

それは、
「世界中の人々を、自分以外に興味をもてないようにする」
そして、「世界三大美女を追い抜いて、歴史上たった一人の美女になる」

そんな果てしない目標を、プロデューサーとだったら絶対にできるって言ってくれたから、
この子に一生をかけようと思えたし、今も思っている。

世界三大美女は国を滅ぼした伝説の女性達で、
それを超えるとなると、世界を滅亡させるレベルだ。
なので、以前にこんなものを書いた通り、

ゼッセイビジョン

空想の中で色んなパターンで5回くらい、
美希が可愛すぎるせいで世界が滅んだ。




15歳以降の美希はたぶん、自分以外のアイドルのいない、
不幸と滅亡の蔓延したそんな世界の頂上は、望まないだろう。
というか、覚醒美希以降のすべての美希は、頂点を目指し、
他の素晴らしいアイドルたちと高めあう物語なのだろうし。

「今の美希」には、765プロの仲間、シアターの仲間、
背負っている大切なものがたくさんある。

それはそれもいいのでそっとしておくとして、
俺自身と、「ウチの美希」に限って言えばやっぱり、
「最初の美希」の魅せてくれた夢から未だに逃れられていない。

美希が、ぼくのかんがえたきゅうきょくのびじょになって、
世界が滅んで、目標達成して、終わり。
バッドエンドにして、アイドルとしてのひとつのトゥルーエンド。
その繰り返し。

そこから先はずっと、見えないままだった。




そんな歪みに歪んだ、不幸で幸福な脳内プロデュースを10年近くエンドレスにやってた、
「俺」と「ウチの美希」だけで細々とやってた脳内プロダクションに、
去年のはじめ、唐突にやってきたのが、小松伊吹というアイドルだった。

偶然、たまたま縁があって出会ったその子を最初に見た感想は、

……誰???

だったし、多少のコミュを経てからの感想も、

ダンスが得意なんだ。
ふーん。

に過ぎなかった。
そしてその後半年くらいは一切意識から消えていた。

半年たってまた伊吹を知る機会があったときも、
ダンスがちょっと得意なだけで、アイドルとしてはごく普通の子って印象だったし、
その後も、その印象を引きずる期間が長かった。

だからこそ、それからまた、様々なきっかけがあって、伊吹のことをより知って、
彼女のアイドルとしてのスケール、可能性を感じるようになり、
それまであなどっていたギャップも相まって、俄然小松伊吹という存在に興味を持った。

今はまだ、伊吹の才能のすごさはほとんど知られていないけど、
彼女が、ダンスアイドルとしての道をとことんまで突き進んだら、
きっと、ウチの事務所にとっての希望の星になる。


たぶん、P以上に、ウチの美希が、小松伊吹に期待していて。

今は未完成の、ダンスバカが走り続けた先には、
世界一大美女という目標より、もっと、刺激的でスケールの大きい、
新しい世界が始まるかも知れないと。




そんなこんなあって、今日からの丸1年間は、集中して小松伊吹をプロデュース
ウチの美希の次の章がどんな風に始まるかは、この1年次第。

いったいどんな夢が見られるかな。


スポンサーサイト

そしてぼくらは旅にでる

またくらわんPさんの動画
やっぱりカメラワークがいいので。

美希のこれを観るためだけでも買う価値あるなと思ったので、ステラ買います。

MiracleNightがきっかけでプラスタはじめる。
Radio Happyがきっかけでデレステ再開する。
ぼく旅がきっかけでステラをはじめる。←今ココ

またイノタクさんなんだなぁ。

ステラ


くらわんPさんの動画


今回の星彩ステッパーも良いし、好きだけど。
二年前の美希のMiracleNightの衝撃が自分の中で大きすぎた。

今でもMiracleNightと99nightsが本当に気に入っていて、
まだまだプラチナスターズで満足できているので、
(あと200時間以上かけて手に入れたオーロラディーヴァが
 新作では簡単に手に入ると知って発狂しそうなので)

ステラステージはまだ手に入れてないけど、
新曲の中に、あの時のMiracleNightみたいな感動があれば、買うつもり。

当面予定(1/4)

美希動画
星のプラチナ。ちょっとずつ進行

小松伊吹動画 一月は3本ほど更新予定
動画に関しては、今年いっぱいは伊吹が最優先。

やよい動画は、現状このままアップすると、
伊織動画と同様にまず確実に削除されるので、
音源変更等、対策をとってからアップする予定

できれば、すでに削除された伊織動画も、
音源を差し替えて作り直したい気持ちはある…時間が許せば。
伊織、やよい合わせてアップが理想

その他諸々
4月くらいを目処に

星のプラチナ 予告


月が眠る不思議な夜。
深く深く、夜に沈むビルの群れを、一人眺めていた。

100番目の夜にも奇跡は起きず、伝説のアイドルは帰ってこなかった。
けれど。


タイトル


「100年前の今日、ここでお別れコンサートがあって」
「お別れコンサート」
「その日を最後に、アイドルはいなくなったよ」
「いなくなった」

オウム返しのようにひとしきり俺の言葉を繰り返した後、
自分の持つチケットをもう一度子細に見返すと、
傍目からでもはっきり分かるくらい表情を変えて、
ガックリと肩を落とした。

「遅かったんですね」
「まあ、ちょっと尋常じゃないくらい遅かったな」
「この日をずっと、楽しみにしてきたのですが…」


コンテ

「プラチナは、遠くから来たのか」
「そうですね、とても遠く」

2

言葉もなく、目的も見失い…
けれどなぜか、居心地が悪くなかった。
静かに流れる不思議な時間を、彼女と共有する。
どこか自然な…懐かしさすら感じるほどに。

pendanto.jpg

しかし、現在(いま)は、ただ静謐な空間だった。
プラチナは目を閉じ、少しの間のあと、
未練を断ち切るように小さく息を吐いて、
俺に背を向けた。

横

夜空を見上げる。
蒼く眠る月と、銀河の星々。
このどこかに、今も『彼女』は確かにいる。

「今夜は月は眠るし、星も流れた。
 いつもと違う不思議な夜だ。
 奇跡だって起こるかもしれない。
 だから、待ってる」
「そうですか」

ビル2

「なら、わたしも奇跡を、
 待ってみてもいいですか」
「もちろん」

sora2_2017112222075596f.jpg

用意してきた夜食のおにぎりを半分に割って、
プラチナに渡した。
味付けは塩味だけのシンプルなものだが、
彼女は黙々と食べていた。

ビル

「この街、とても静かですね。明かりもなく。
 まるで眠っているみたい」
「あながち間違いじゃないかもな」
「というと?」
「ここから見える全部が、
 ファイナルライブの会場であり、
 ステージだ、と言ったら信じるかい?」

3

「そしてその役目を終えた今は…墓標だ。
 ここには当時のファンたちが、
 夢を見たまま眠りについている」

「あなたは、アイドルがいないのに、
 アイドルのプロデューサーなのですか」
「それなぁ、おかしいよな」

1_201711222207418e2.jpg


「歌うって…… 踊るって……」

「きっとこんな風だろうって!」

きらきらと目を輝かせて。
両手を広げたプラチナは、くるっと回った。



月が眠る不思議な夜。
深く深く、夜に沈むビルの群れを、一人眺めていた。

100番目の夜にも奇跡は起きず、伝説のアイドルは帰ってこなかった。
けれど。


sora.jpg


「今、キミが、ここにいる」



タイトルのコピー




Miracle Night & 99nights
演出の都合上、最終話まですべて完成してから公開予定。
だいぶ先。

当面予定

当面の動画他予定

・美希動画 → シリーズ物:「星のプラチナ」 完成次第順次
・remembrance → やよい 年内目標 
小松伊吹動画 → 向こう一年間限定。目標は一年で100本

・神話生物プロデュース動画
・プロデューサー主役短編もの



時間が3倍星井
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。