Tokyo24 シーン50「転機」

「Tokyo24」本編、中盤あたりからの抜粋。
お台場ライブ終了後、東京タワーステージの直前。





……今は、転機だと思う。
美希にとってだけでなく、このプロジェクトにおける「アイドル」たち、そして「プロデューサー」たち全員にとっての。

現状に満足し、観光キャンペーンガールという枠の中で一年の活動を終えるのか、それとも、その先へ足を踏み出し、自ら道を切り開くのか。この時代の、エポックメーカーとなれるのか。


課の連中も、手応えを感じているはずだった。
活動開始当初は、ごく小規模なストリートライブひとつでさえ「仕事が増える」と許可を渋りがちだった彼らに、この事業への意義を、やりがいをもたらしのは、Tokyo24プロジェクトに対する、当初の予想を上回る反響である。
住民たちによる好評を受けて、というよりは、役所の上の連中からの期待度が増したためといった方が正確だろうが、士気の向上によって、プロジェクトが良い流れの中にあることは間違いない。

動くなら、今しかない。


公園の木々の上を突き抜けて空にそびえる、赤白二色の東京タワー。
電波塔としての役割を終えて久しく、建造物としての高度では都内三番目に下がりはしたが、未だに「東京」の風景として都民、そして日本人の心象にとって重要なランドマークである。※(劇中は近未来の設定)

次のステージに、この東京タワーを使う。
これが俺の、秘策だった。
街の記憶として、見た人の心に刻まれる光景を、ここに、創り出す。

美希とならそれが、出来る。
333メートルのタワーに呑まれないステージを、生み出せる。


最近やっと分かった。
ステージを重ねれば重ねるだけ、そしてその規模が大きくなればなるだけ、彼女の魅力は輝きは増す。
未だに物事に本気になれない本人の意識を置き去りにしてあふれ出る才能が、俺を駆り立てるのだ。
もしかしたら、このステージですら、「足りない」かもしれないが、今の俺の精一杯で、お膳立てをしてやりたい。
やらなきゃならない。
これが俺の、「仕事」だ。


大きく深呼吸をしてベンチから立ち上がる。
服装を整え、こぶしをにぎり、大股で、区役所の玄関をくぐった。





様々な好運が重なり、区経由で電波塔株式会社との交渉が成功。
このイベント以降、東京タワーのライトアップと連動したステージ(夜間限定)を行えるようになる。
これによって、様々な効果が発生する。

・タワーが見える野外会場での熱気上昇率、フォロワー上昇率がアップ。
・タワー連動アピール(1ステージにつき一回)が可能になる。
・港区に隣接する区まで、ステージの影響が拡大。
・プロデューサーのi(インフルエンス)レベルが上昇。
・コラボメイトに「のっぽん」追加。
 広報活動の他、バックダンサーとして協力を要請できる。





・この記事は色々とフィクションです。




以降つづく。
そのうち何らかの形でまとめよ。
映像で見たいな。


スポンサーサイト

Tokyo24想像 その1



四月一日の妄想。

出来る限り具体的に、細部まで丹念にソウゾウしてゆく過程で、その世界は内に確かに広がる。




tk4.jpg

Tokyo24 あらすじ。
空から降ってきた一枚の求人情報との出会いから、偶然なのか必然なのか、まったくの未経験にもかかわらずアイドルプロデューサーとなってしまった「プロデューサー」。

別人の名前と容姿、さらに従業員は自分だけのオンボロ事務所とマイペースなアイドル候補生を押しつけられ、右も左も分からないまま、プロデュース活動を開始する。






tk2.jpg

「プロデューサー」が担当することになる区選アイドル、星井美希。
マイペースで、のんびり屋。
才能はありそうだがやる気はない。



tk3.jpg

コミュニケーションを重ねることで、地域情報が収集できる他、プロデュースにおける思わぬヒントや、ステージで使用できる新しいアピールを獲得できることも。

ちなみに、活動期間の一年間は、規定により、東京都の外への移動は禁止されている。
また、活動は基本的に24区内限定となる。








tk1.jpg

少し未来のステージ衣装は、「着るもの」だけでなく、「映すもの」も存在する。
都民からの一定以上の評価を得、WV(ウェアラブル・ヴィジョン)を手に入れれば、活動の幅が大きく広がる。

衣装は買う物ではなく、ダウンロードするもの、という概念が広がりつつある時代。
WV一着で様々な素材、衣装を表現できる。
DLC(ダウンロードコスチューム)の購入・使用が可能。

補助的に、衣装の周囲にホログラムで各種エフェクトを表示する機能も存在。

いつでも、どこでも、アイドルが歩くステージに!





次回はも少し詳細な内容について。




ToKyoStar24 / 01「港区」

東京タワーのコピー2のコピー2
※このカテゴリーは実験的内容です。随時改変、削除の可能性があります。




World End Produce ToKyoStar24

【概要】
ToKyoStar 24。
少し未来の日本、東京。
23区の地区に分かれて、工夫を凝らした様々なパフォーマンスで担当区民、そして国民を盛り上げる、アイドルたちの競演。
一年がかりの東京お祭り企画であり、国内最高峰のビッグイベントでもある。

ふとしたことからアイドルプロデューサーとなった「俺」は、担当アイドル・星井美希とともに激戦区の港区からデビューするのだが……。



港区
イラストレーターで港区ロゴを作ってみた。
港区マークは、港区の「み」をモチーフにしているそう。

美希の住所は、Xbox360版のゲーム中で判断すると、「お台場近辺」と考えられる。
表ルートのエンディングで、台場「夢の大橋」を歩きながら「アイドルデビューした朝もこの道を歩いてた」と語る他、このすぐ近所に家があるというセリフ、オフスケッチで「眠れないので散歩」していたりと、「美希の家の近所」に関する場面では統一して「夢の大橋」の背景が使われている。

(もっとも、エンディングでは全アイドルと夢の大橋で別れるわけで、アイマス世界での夢の大橋はお台場ではない別の場所にあるのかもしれないし、そもそも似ているだけで「夢の大橋」ではないと考えることもできる)






台場地区は、品川区、港区、江東区が入り交じっているけれども、この物語の中では、出発点&美希の住所をお台場海浜公園周辺、港区に想定しています。

美希とのデートプロデュースと東京観光案内を兼ねた、趣味と実益を満たす俺得自分向け企画。
不定期・内容にこだわらず気がおもむくままに進めます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。