武道館

P1170663.jpg

武道館にライブで出かけたのは先日が、はじめてだった。
以下、簡単に感想をまとめておく。

・狭い(「ステージとの距離が近い=臨場感がある」)
・深い(「上下に広い。最後列でも視界が広い」)
・古い(「言い換えれば伝統に裏付けされた味がある」)



ロビーや入り口の狭さや階段の急さなど設備面を見ると、さすがに古い施設という感じ。
どうでもいいことかもしれないが、携帯の充電が切れたので使おうとした公衆電話は、俺のお金を飲み込んだきり沈黙した。
10円返せ。

高低差(というか落差)が激しい。
二階だと、ステージを真下に見下ろすような感覚。

また、音の迫力がすごかった。
ステージの歌や演奏の聞こえ方、つまり音質は特筆すべきものではないように思う。
そもそも、コンサート専用会場でない武道館に音質を求めるべきではないだろう。
が、客席の声援が三次元的に(つまり上下左右に)反響しまくって、普通のホールにはない、独特の雰囲気がある。
(一方向の客席を潰しているライブでこれなのだから、全客席を使用するイベントではさらにこの傾向は顕著になるかもしれない)


すり鉢状の会場の底であり中心、歓声を一身に背負ってステージ上に立つ人間は、一体どんな心地だろう。









C武道館P.avi_000098198

1011.jpg

美希のランクC営業コミュ「武道館ライブ」は、ビジュアルスター編、アイドルマスター編両ルートでテーマが違っている。

ビジュアルルートでは、武道館そのものに焦点があたり、それについての美希とPのやりとりが展開される。
ボロいボロくない論争、Pの口から軽やかにはき出される出まかせ、黄金の壁伝説、美希の「ぺしぺし」など、見所笑い所が多い。
営業コミュでは数少ない、顔アップが見られるのも魅力。

一方のアイドルルートでは、美希の成長とアイドルにかける思いについてのエピソードとなる。
武道館に関する具体的な感想が、美希やPの口から特に語られることはない。

トップを目指す上で登竜門となる武道館に自分が立てたことについて、デビューした頃の自分のやる気のなさを振り返り「何も考えずおんぶされてばかりだった」と泣き出す美希に対して、その涙を拭きながら「いいんだよ。そのために俺は、隣にいるんだから」と答えるプロデューサー。
ランクCのハイライトである。



コミュ内容については、また機会をあらためて。
掘り下げて考えてみよう。
スポンサーサイト

テイラーのライブ。について。

P1170655のコピー

行ってきた。二階だけどまずまず良い席で、会場全体がよく見渡せ、アリーナのテイラーも、表情が肉眼でもなんとか見えるくらいの場所。





■すっごくよかった?。
歌が力強くて、素敵なのはもちろん、やっぱりステージの見せ方が抜群にうまい。

前回(去年の二月)も思ったけど、間の取り方とか盛り上げ方、言葉の選び方、それを発するタイミングなどの細かく、効果的な機微、雰囲気作りについては、彼女の演劇のキャリアのおかげなのか、アメリカ人だからなのか、ともかく日本人歌手のライブの見せ方とは違っていて、新鮮。
あんなにかっこいい投げキス、はじめて見た。他にもいろいろ。


■前回の来日公演のときとの目立った違いは、客層。
前回は男女比率が同じくらい、今回は八割が女の子な印象。
カップルと、女の子ペアが大半を占めていた他、外国人の一家もちらほら見かけた。


■ライブは全編、盛り上がった。
ライブハウスで行われた前回は野太い声援も結構聞こえたけど、今回は女性の声の方がずっと大きかった。

考えてみれば、実体験を元に、恋の歌を数多く歌うテイラーなのだから、中心ファン層が若い女性であることなど、考えるまでもなく当然のことなのか。


■ステージセットはかなりシンプル。
大がかりな舞台装置などは特になし。

スクリーンの映像がとても綺麗で、ステージ上でのテイラーをリアルタイムで合成させて映していた。
色合いや、星・花火などのエフェクトの美しさが印象的。


■ステージは前回と同じく90分程度と短め。(MCはほぼ無し)


■いかにもアメリカ的だと思ったのは、写真撮影OKというところ。
向こうのライブ映像とか見ると、携帯やデジカメで写真撮ってる人いっぱいいる。
日本では基本、どんなライブでも撮影禁止。
ジャニーズのライブなどでは、ステージセットを撮ることさえ厳禁、会場内での携帯電話の使用さえ禁止という徹底ぶりだった。
権利や、ファン活動による宣伝効果などについての考え方、方針が、日本と違うんだろう。



◆終わってみるとあっという間で、まだまだ歌聴きたい、と強く感じつつの終演。
90分という時間は、アメリカのライブではスタンダードなのだろうか。
MCが無いから短いだけなのか。

ともかく、終わった直後に、「またすぐにでも次を観たい」とこれだけ強く思ったライブは久しぶり。
とってもとっても、楽しかった。


テイラーのらーいぶ


テイラー・スウィフトのワールドツアーについて。


日本公演が今日からスタート。
大阪城ホールに行った友人が興奮してメール送ってきた。
すごく良かったらしい。
いーなー。うらやましい。


whoは、武道館初日に行きます。
つまり、今度の水曜日。

一年前の、初来日ライブ以来だ。
今回はどんなステージ見せてくれるかな。


俺にとって、はじめての武道館ということも含めて、ドキドキだ。
楽しみ。

ライブについて。

stage.jpg


この項目は、筆者のライブ&イベント参加についてのメモ・備忘録として作りました。



以前のブログをご覧になっていた方はご存じでしょうが、筆者はとても、ミーハーです。
人気がある人、多くの人の羨望を浴びて輝いている人というのが、無条件に好きだったりします。


女優や俳優や歌手、アイドル…
スターと呼ばれる、人を魅せる専門家が持つきらめくようなオーラというのは、本人からにじみ出るものではなく、にじみ出る他の何か(何かって何だ?)に惹かれた見る側の視線の質(想い)と量(数)で形作られるものだと思っていて、その「大勢の人間に見られてる、意識されている」こと自体にすごさを感じ、圧倒されるのです。

そうなると、自分の感性や主義とあまりにも外れていたら別ですが、だいたい細かいところを置いて、かっこいい、可愛い、素敵だななんて尊敬しちゃいます。


そんなですから、ワタクシは基本的に、芸能人については「ファンやフォロワーも含めて、そのタレント」として見て、好きになっているのだと思います。
そういう場合、人気に陰りが見えると、途端に興味を失ってしまいがちです。


一方で誰にも譲れない、マイフェイバリットsも勿論、あります。
こちらはさらけ出すのがなかなか恥ずかしいものです……自分の根幹というか、内面を言葉より雄弁に物語る気がして。

ベストフェイバリットを散々語り散らしておいて何を今更、という気もしますが。


一度本気で好きになってしまうと、かなり深く影響を受けます。
人生的なレベルで惚れ込んだりもします。
ぞっこんです。



流行に流されやすい軽薄な自分と、ディープに凝り固まった融通の利かない自分。
人生を楽しむ上で、うまくバランスがとれているのかもしれません。なんて他人事のごとく分析します。



ライブに行くようになったのは少しでも美希の役に立ちたくての勉強、というところがきっかけでした。
でした、というか、今も「勉強」が根底にあるところは変わりません。

行った回数を数えてみたら、この二年でもう30回以上になっていたりします。
ライブハウスから野外フェス、平安神宮や奈良東大寺、ホールにスタジアムにドームまで。

自分が行きたくて買ったチケットの他にも、付き添いで行ったり、譲ってもらったり、会場前で音だけ聞いてたり、運営側で参加したりと色々です。


特に今年は、有名な人のライブイベントにたくさん行きました。
上記のミーハーな習性故、行くまではあまり興味ないタレントでも、行ったら行ったで案の定良いなー、輝いてるなーと思ってしまうのが常でした。

また、純粋に自分自身の楽しみのために行った公演もあります。

ステージ外の人間(つまりファン)が「観る」のではなく「参加する(身も、そしてそれ以上に心で)」のが、一番良い形の「ライブ」なんだなと個人的には思います。



現在、ライブイベントで感じたこと、思いついたこと、考えたことなどがメモ帳に雑多な状態で蓄積しています。
今後は、それらをこのカテゴリーにて、まとめ直していきます。

ある意味で、WEPのテーマそのものに関わる部分でもあり、ビジュアル、あるいはテキストでの今後の表現にうまく活かせるよう、良い形に持って行きたいものです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。