水瀬伊織

次の動画の準備をするために、
何となく伊織のremembranceを見返したら、夢中で最後まで見てしまった。
自作というより、本編のシナリオを再構成した動画なんだから、そりゃ夢中にもなる。
何度でも書くけど、無印アイマスのシナリオは、知れば知るほど、本当によく出来てます。

あと、動画のコメントを見て、そういや今日5月5日だったなと。






以前にも書いた記憶がありますが、
エピローグの伊織の「蒼い鳥」、
あれはプロデューサーの心を根本から確実につかみとるための、
水瀬伊織一世一代の策でした。

プロデューサーはアイドルとしての伊織の飛躍に驚愕していますが、
これこそ伊織の策の肝。

あれは、5分たらずのあの一曲だけに特化して、ひたすら研鑽した成果です。
多忙な伊織にとって、かつてのようにアイドルとしてのトレーニングを
万全にこなし続けることはできず、また仮にこなしたとしても、
あの日見た自身の限界を超えることはできない事が本人にも分かっていました。

そこで、ただ一曲に自身の時間と能力を注ぎ込む事で、
かつての自分の限界を大きく突破する、特別なステージを作り上げました。
これは同時に、彼女の構想する新しいアイドルプロデュースの、
自身を使った実験でもありました。

その総まとめとして、劇中直前に、
既に世界的歌姫となりつつある如月千早とステージ対決をしており、
その時の内容次第では、自身のアイドルプロジェクト構想を、
机上の空論として破棄する覚悟でした。

対決の結果、自分の道に確信を得た伊織は、
満を持して自分のプロデューサーの元を訪れるのでした。


ところで、この伊織のツンデレーション、伊織の親友であるところの、
高槻やよいのことが全くと言っていいほど、触れられません。

これは、この物語が水瀬伊織担当プロデューサー視点であり、
表面上、伊織とやよいのアイドル性がだいぶ違うからですが、
次の、高槻やよい編とあわせて見ると、
アイドルとしての伊織とやよいの本質的な、
つながりも見えるかなと思います。

伊織とやよいは、全然違うようでいて、
アイドルとしての才能を発揮していく過程で、
根本部分にかなり通じる部分があきらかになります。
そしてそこからまた全く別の才能が開花していくのも面白いところ。

本当は伊織動画アップ後、1年以内にやよいの分もあげるつもりだったので、
その辺触れられないままでした。
それで気づいたら、もう8年です。…8年て…


高槻やよいのremembrance、今年こそはアップします。
8年ちまちま作り続けてましたが、今年こそは必ず。
でなきゃ、いつまでたっても美希のremembranceも進まないし。

(実は、今年のやよいの誕生日あたりにと思って、
昨年末あたりから準備はじめてましたが、オーロラディーヴァが)


yayoi.jpg
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。