ToKyoStar24 / 01「港区」

東京タワーのコピー2のコピー2
※このカテゴリーは実験的内容です。随時改変、削除の可能性があります。




World End Produce ToKyoStar24

【概要】
ToKyoStar 24。
少し未来の日本、東京。
23区の地区に分かれて、工夫を凝らした様々なパフォーマンスで担当区民、そして国民を盛り上げる、アイドルたちの競演。
一年がかりの東京お祭り企画であり、国内最高峰のビッグイベントでもある。

ふとしたことからアイドルプロデューサーとなった「俺」は、担当アイドル・星井美希とともに激戦区の港区からデビューするのだが……。



港区
イラストレーターで港区ロゴを作ってみた。
港区マークは、港区の「み」をモチーフにしているそう。

美希の住所は、Xbox360版のゲーム中で判断すると、「お台場近辺」と考えられる。
表ルートのエンディングで、台場「夢の大橋」を歩きながら「アイドルデビューした朝もこの道を歩いてた」と語る他、このすぐ近所に家があるというセリフ、オフスケッチで「眠れないので散歩」していたりと、「美希の家の近所」に関する場面では統一して「夢の大橋」の背景が使われている。

(もっとも、エンディングでは全アイドルと夢の大橋で別れるわけで、アイマス世界での夢の大橋はお台場ではない別の場所にあるのかもしれないし、そもそも似ているだけで「夢の大橋」ではないと考えることもできる)






台場地区は、品川区、港区、江東区が入り交じっているけれども、この物語の中では、出発点&美希の住所をお台場海浜公園周辺、港区に想定しています。

美希とのデートプロデュースと東京観光案内を兼ねた、趣味と実益を満たす俺得自分向け企画。
不定期・内容にこだわらず気がおもむくままに進めます。
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。