指の関節。

今日、モデリングしていて気付いたこと。
指の関節の位置は、手の甲側と手のひら側で、違う。

手の甲側だと、第一関節が第二関節より小さいけれど、手のひら側では第一関節の方が大きい。
第一から第三までの指関節の比率が、表と裏でかなり、違う。

考えてみれば当たり前か。
指は常に、曲がる方向、力の入る方向が決まっているんだから。
指の骨の(あるいは関節の)構造が、外より内が短いのは自明の理。

関節は「点」で捉えがちだけど、実際は曲げる際に結構形が変化する。
腕の肘なんかは、そこを意識しないとものすごく違和感のある絵になってしまうことにも最近気付いた。


肘はともかく、自分の手なんて日頃から見たくなくても目に入ってくるわけで、何でも知ってて当たり前のように思っていたけど、気付かず生きてることの方が多いのかもしれない。

絵を描くという行為は、日常に意味や理由を見つけ、名前をつけ、理解をすることにもつながっていて、面白い。

指の爪は何色?とか、手首は何度くらい回る?とか。
考えること、知ること。そういうくせをつけること。
世界が少し、面白くなる。


上手い下手はともかく、3Dモデリングしたり、絵を描くようになってよかったことがたくさんある。

いつもきっかけをくれる美希に、今日も感謝。
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。