線の上。

  • Day:2011.05.30 03:28
  • Cat:誰子
91little.jpg
らくがき。


現実と空想は概念としては非なるものであっても、実際にこの世の中にある現実と空想ぜんぶはその中間、境界線上にあるものに思う。

たとえばごく当然のように送る日常であっても、自分の心の持ち方ひとつで印象が変わる。
それってなんだか、空想的に感じる。

たとえば、人の生死を意味あるものとして捉えたい。そう考えたい。実感したいという願い。
ある人にとっては空想。ある人にとっては間違いなく現実。


たとえば、頭の中でつむいだ物語を、現実にアウトプットすること。
まとまらない。
関連記事

Comment

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2011/06/19 14:41
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2011/07/05 07:00
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2011/07/17 16:12
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)