脳を見る。

  • Day:2011.08.18 21:31
  • Cat:日常

脳を写すCTスキャン中に、美希のことを考えていれば、出来上がってくるCT写真に、美希が写っていることになるのだろうか。

…そう思えばいい。






今朝。
寝起き時に頭にピリッと痛みが走って、その後も鈍痛が続いてたから、これやばいんじゃないだろかと不安になった。

頭は本当に怖い。
慎重過ぎるくらいでいい。


仕事早退して、生まれて初めて脳外科行って、生まれて初めてCTスキャン撮ってもらった。
結果、特に問題は無くて一安心。
診療費はそれなりにかかったけど、非常にいい経験になった。


スキャン写真見て、目玉って、本当に丸いんだなとか。
真上からの断面図でも、意外に自分の顔って認識できるなとか。
当たり前のことかもしれないけど、脳の形も、千差万別だってこと。

CT含んだ基本的な検査だけなら、一時間で結果が分かる。
三割負担で五千円。


自分の脳を見てしまった。
オレノミキの、居場所。
恥ずかしい。



その際思ったことは、羞恥の感情について。
裸を恥ずかしいと感じるのは現代の日本人のデフォルトだけど、見方を変えれば、体の中を見られるなんて、もっと恥ずかしいことになり得るのでは。

口の中覗かれるなんて、恥ずかしい。
脳見られちゃうなんて、恥ずかしい。
その断面図さらすなんて、脳から火が出るほど恥ずかしい。

実際、そうはならないけど。
なんでならないんだろう。

人間の本能的な感性から、あまりにも突き抜けて離れすぎてるから?
それとも、社会的にそういう設定になってないから、だけの話?

なんて思ったけど、そもそも、脳の写真撮る時ってのは非常に重大な事態だったり、命や心に関わる真面目な状況だから、恥ずかしいだのなんだののレベルで気にしてる場合じゃない。
だからかな。



とりあえず。
映像で見る脳って、結構なまめかしい、と書いてエロティック。
やっぱりそこにあるんだ、とヘンにナットク。
関連記事