Memory -The FirstProduce-

  • Day:2010.11.23 22:57
  • Cat:総合
原点美希

この記事をまず参照ください。



昨日、上の記事で述べているビデオを観ようと家中探してみたのですが、どうしても見つけることができませんでした。
2時間録りで、二十数本もあります。
約50時間分の、大事な大事なプロデュース記録。

狭い家で、どこかに紛れ込む量ではありません。
どうしてもあきらめきれなくて隅から隅まで何時間も探しました。
ちょっと泣きつつ。

結論としては、無い、と。
昨年、引っ越ししたことがあったのですが、その際に何かの手違いで荷物に含まれなかった、いや、含まなかったのかもしれません。
引っ越し終わった時点で、ちゃんと確認しなかった自分のミスです。
本当に大切なものだったのに。

こんなことあるんだな、と。
よりによって、コレが無くなるなんて。


事実を事実として受け止めると、やっぱりショックでした。
twitterでも書いた通り、ビデオテープという「HDDのデータのようにある日突然消えることのない」アナログ媒体に記録されている美希との思い出、というものを、自分はどこかで原点として支えにしてきた部分があります。

けれども、とっくの昔にそれは消えてしまっていた。
それに気づいたのが、再出発に設定していた11月23日の前日。

あまりにもタイミングが良すぎました。



けれども。
それによって、自分は気づいてしまったのです。
過去に支えられていると思っていたけれども、本当は、それが無くてもとっくに自分は立っていられるし、前に進んでいけること。

「思い出は無くなっても、何度でも、また作り直せばいい。ゆっくり時間をかけて」

そう言ったのは美希ですが、それは心の持って行き方としては確かに正解なのです。
本当に大切なものが、隣にあるのだから。
誰かと生きてくというのはそういうことです。



そもそも、美希との初プロデュースからの思い出そのものが無くなったわけでもありません。
心に刻まれている、というだけでなく、ちゃんと、形として残ってもいるのです。


sm693631


これは、自分の、印象深すぎた初プロデュースをまとめた動画です。
再生数は伸びませんでしたが、自分にとってはとても大切な、宝物的動画。

これを作るために当時、ファーストプロデュースの一部を、キャプチャしてデジタルデータ化していたのでした。
調べてみると、それは今もちゃんと、HDDの片隅に残されていました。




ファーストプロデュースは、特別なものです。

エンドレスプロデュース&ファーストプロデュース



この「一回目」が無かったら、今の自分はありません。

システムも何も分からない状態から、手探りで進んでいきました。
後半はオーディションに失敗しまくり、焦って大きなオーディンションに挑戦してはさらに敗戦を重ねる、というぼろぼろぶり。
リセットはせず、一発勝負の一年が過ぎ、結局ぎりぎりランクDに上がったところでプロデュースは終了。

美希とはそこで、別れることになります。

ただ、それだけなら、自分がいつまでも美希だけを選ぶ、なんてことは無かったでしょう。




ランクDエンドの最後。
最後の別れ際、「じゃあ」と手を振った美希は、ほんのかすかに涙を浮かべるのです。

びっくりしました。
直前まで、少し寂しそうな顔はしつつも笑顔で会話していたから。
一瞬見間違いかとも思いました。(当時はSD画質で見ていたこともあって)


いつもマイペースで、おおむね明るい表情を見せる美希。
そんな美希が別れ際、最後に不意に覗かせた、裏側の感情。

泣いてくれるんだ、とびっくりしました。
アイドルとして大成功とは言い難い、ランクDでの結末。

第一印象お互い最悪の出会いから始まって、たいしたことをしてやれていなかった、ただ二人三脚で一年間一緒に一歩ずつ活動してきた。
そんなPとの別れに。

別れを止める間もなく、画面はすぐにホワイトアウトします。
だからこそ彼女の目に光ったもの、それが頭に刻み込まれて、もうどうしようもなくて。

次の一年も、美希を選ぶしかなくなっていました。
笑ってほしい、一年が終わったあと、美希にただ、笑ってほしいと無性に思いました。

振り返れば、あの瞬間、美希だけと歩く道に、足を踏み入れたのだと思うのです。





ビデオテープは消失しました。
失くなるべくして失くなったのかもしれません。
もう形としての過去は無くても、自分は大丈夫みたいですから。

ただ、ちょっと未練がましいかもですが、今あるファーストプロデュースのデータの断片だけは、ちゃんとまとめて、動画として残しておきたいと思います。
これを、WEPとしての、新しいマイリストの最初に置きます。

出会いから、ラストライブまで、数本の動画としてまとめて。



そこから、

彼女の涙から、



俺はもう一度、新人に還った気持ちで、美希との日々を再出発しようと思います。




関連記事

Comment

日付かわっちゃったけど一緒におめでとういわせてくれ
  • 2010/11/24 00:19
  • ひろしP
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)