MEMORY -The FirstProduce- 第十一話




あとひとつ、オーディションに勝てばランクCというところまで来た、ファーストプロデュース。
アイマス世界においては、ランクBからが「トップアイドル」の領域なので、ランクCの位置づけは、雑誌の売り上げを左右できるレベルの有名人気タレントである。

その壁を前にしての、オーディション敗北。
新人Pは焦って次のオーディションを受けさせるが、アピールミスや戦略ミスで、連敗。
美希のテンションも、思い出の数も、ファン人数も減る一方、ランクCは遠ざかる。
挽回するべく難易度の高い、けれども視聴率の高いオーディションを受け、さらに不合格が重なってしまうスパイラル。

お互い気持ちをリフレッシュするべく、休日をとり、一時的にテレビから離れた仕事をとる。
一年の終わりは、近い。

今回は、そんなオンとオフの風景。




ピカソのコミュの美希はぽけぽけ感がとても可愛い。彼女の才能を考える上で、ここにも重要なヒントが含まれているのだが、それを差し引いても楽しいコミュである。
絵の真髄が、彼女の口から語られる。



「ようやく子どものような絵が描けるようになった。ここまで来るのにずいぶん時間がかかったものだ」
「誰でも子供のときは芸術家であるが、問題は大人になっても芸術家でいられるかどうかである」
    パブロ・ピカソ (wikipediaより引用)




子供と大人の狭間にある彼女の絵画論、ビジュアル論は、ある意味で的を得ているのかもしれない。
見たものを見たとおりに描くのではなく、思ったことを思ったように描くのが、彼女の道にはふさわしい。




また、六月の仕事では、結婚式のサプライズゲストを担当することになるのだが、美希は人前でしゃべることに相当苦手意識を持っている。
デビュー前、公園のカップルやレコード会社の部長に、空気を読めない発言していた頃から考えると、明らかな成長のあとが伺える。


プロデューサーと美希のやりとり、二人三脚での仕事っぷりが面白いコミュだが、who的に重要なのは終盤、美希のトークの台本をPが書く、という下り。
あらためて振り返ってみると、何か、運命的なものさえ感じてしまう。




そして、活動48週目が終了。

次回は.......



関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)