12/26のツイートまとめ

worldendproduce

何をするにも時間が足りない。と、言いつつも、では今ある限られた時間をめいっぱい有効に活用できているかと自問すると、応とは言えない。
12-26 02:07

だいたい、集中しているときほど時間が経つのは速いものだが、特定の条件下では逆に、集中して多くの事をこなしているにも関わらず、驚くほど時間が間延びして感じるときがある。
12-26 02:09

特定の条件下というか、ある夏の日の例を挙げるなら、「時間に追われていない」「つまり心にゆとりがある」「その日の活動開始時間(つまり起床)が日の出前後」「楽しんで事にあたっている」「全く新しいことをっしている」「天気がいい」「日中の時間が実際に長い(夏なので)」という具合だった。
12-26 02:14

一日が数十倍に感じ、つまり夜寝るときに、その日の朝のことがはるか過去のように感じるほどの「一日」の充足感覚。実際、その日に見聞きし、感じたことの内容の濃さは、通常の日々の一ヶ月分に匹敵したと思う。
12-26 02:16

子供の頃の一日は長く、歳を経るほどに、それまで生きてきた時間・経験との比率の関係で一日の体感時間は短くなると言うけれど、場合によっては大人になってからでも、「子供の夏休みの一日」レベルの濃密な一日を過ごすことはできるのだ。(自分は根が子供な人だからかもだが)
12-26 02:19

重要なのは、物事の見方である。見慣れたことでも、角度を変え、意識の向け方を変えると、多くのことを感じることができ、見え方も変わってくるし、一分一秒の充実感、圧縮感も増し、日々が楽しく、「新しい」。
12-26 02:23

そういえば、美希も、「変わる。今日、ううん、今から」と決めた直後のレコーディングで同じようなことを言っていたのである。
12-26 02:26

時間が足りない、と文句言い訳をつぶやくのではなく、今ある時間をどうやって充実させ、めいっぱい有効活用できるかを試行錯誤せよ、俺。漠然と過ごしていれば、一日も一年も、おそらく一生も、あっけないほど速く、流れてゆくのだ。
12-26 02:33

時間を圧縮というか、濃密に使うためには、ありがちだけれど、締め切りを設定するのも効果的。「時間」に追い詰められた時にこそ、普段はできない大胆な発想が生まれたり、秒単位で時間感覚が研ぎ澄まされたり、よく分からないうちになんとなく形になっていたりするもの。
12-26 04:19

三年とか十年とか長期的な視野を持って計画をたて、実行に移してゆくのが理想だし、人生を豊かにする有効なひとつの方法だと思うけど、それは今の自分には難度が高く漫然としがちなので、とりあえず、一日、一週間、一ヶ月、せいぜい三ヶ月くらいの締め切り設定をそれぞれ自分の中に設けてみる。
12-26 04:25

今まで「明日」に伸ばしていたモノやコト、ひとつずつ「今日」やってゆこう。
12-26 04:27

関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。