12/25のツイートまとめ

worldendproduce

美希の絵を描く。時間をかければ、なんとか美希の絵だと自分が納得できるかわゆいものになることがある。そうした美希の絵だが、髪型ひとつ、服装ひとつ変えると途端に誰子と化す。これは画力の問題なのか、自身の認識系の問題なのか、両方なのか、それとも全く別の何かのせいなのか。
12-25 04:05

髪型や服装は、デフォルメキャラクターのかき分けにおいてかなり重要な部分を占める。もしかしたら、顔の造形以上の情報割合かもしれない。だいたい、髪型と服装を似せていれば、表情や顔のつくりが全然別物でも、「そのキャラクター」として認識されるものなのだから。
12-25 04:10

それでも、進むしかない。髪型は千変万化でよいし、服装も当然然りである。どんな髪型でも服装でも、一目で「彼女だ」と認識でき、させるだけの情報を込めるための知識と技量を培え俺。目元に。鼻先に。唇に。瞳に。首のラインや鎖骨、体つきに。想像の海いっぱいの、「美希」を込めるのだ。
12-25 04:13

それはおそらく、絵のうまさとはまったく別の要素である。画力の不足は言い訳にならない。ひたすらに想像力を働かせ、彼女を考え、あちらの世界に片足突っ込んで、その片鱗を、香りを、空気を、ホシイミキのエッセンスを、召還するのである。
12-25 04:16

あるいは絵にかかわらず、文章での表現においても、その感覚を忘れないでおかなくてはならない。
12-25 04:20

12/23のツイートまとめ

worldendproduce

スカイツリー見てきた。その立ち姿が望める圏内においては、あれこそまさしく「アイドル」である。羨望希望のまなざし、口をぽかんと開けて、ため息混じりに天を仰ぐ大勢の人。自分もその中に混じる。
12-23 22:43

500メートルをオーバーしたスカイツリーの後にTタワーを訪れると、333メートルがいくぶん身近に感じる。が、年月をかけて脳裏に焼き付けられた「東京の、東京タワー」という景色はまだ色あせない。ハートイルミネーションのクリスマススタイルのタワーを、多くの人が歓声をあげて見上げていた。
12-23 22:47

天を貫く高層建築は、太古の昔から人々の心を無条件に引きつける。出雲大社は大和が列島を統一する以前は90メートル以上の高さの木造建築だったという。天と地をつなぐ「天橋立」というイメージも、単なる空想の産物ではなく、発想の元たる「そういうもの」があったに違いない。
12-23 22:56

今回重要だったことは、スカイツリー(あるいはクリスマスネオンの東京タワー)を見上げる人々の表情、心の動き。みんななんか、楽しそう、嬉しそうなのだ。善悪でも損得でもなく、感覚から来る自然な感情の動きが、そこここに溢れていたこと。
12-23 22:59

ばかでかくて、大きく高くて、空に繋がる、塔。スケールのでかさに、笑うしかない、すごいと感嘆する、脱力して見惚れる。タワーが見える範囲内において、360度、互いに無関係な人が、ただそれを見ているという一点で、「そのとき」を共有するのだ。
12-23 23:02

それは視線の集中という点で、ライブステージに立つ「スター」にも通じる。ただし、決定的に違うのが、ただそこに「ある」だけで見る者に与えるインパクトの桁外れな大きさと、重量感・恒常感。   極端なまでの大きさ&重さというのは、ただそれだけで超強力・反則級の演出だ。
12-23 23:08

目指すべき場所が、またひとつ拓ける。 美……誰子を東京タワーのように、あるいはスカイツリーのように、そしてゆくゆくはその先に輝く、まばゆいスターにするためのハードルは常時工事中、リアルタイムで高度を増し続ける一方である。
12-23 23:14

※今回の失敗点 スカイツリーの写真を素材用に嬉々として撮りまくったのだが、よく考えたら工事中の建築物の写真なんて、用途がめちゃくちゃ狭いのである。最初に気付いとけよ俺。  「思いつき解決案A」…何らかの事情でスカイツリーの工事が中断してしまったIF世界を舞台にする。
12-23 23:18

「追記」 街中歩いてて、なんか道行くひとたちが空見上げてるなーとその視線の先を追うと、たいていそこに、どーんとスカイツリーが見えているのが常だった。橋や川辺など視界が開けるところでは唐突に人だかりが出来ていたり。
12-23 23:25

目新しい今は、特に、大勢の羨望のまなざしが向けられ、彼(あるいは彼女)は、きらきらと輝いているのである。アイドルを「偶像」と訳し、捉える人もいるようだが、自分にとっては、アイドルとは「スター」だ。無条件に人を引きつける、輝く、圧倒的な、何かを持っている、なんかすごいもの。
12-23 23:28

何よりおそろしく、そして愉快なこと。 人間が、333メートルの「東京タワー」よりも、そして最終的には630メートルを超える「スカイツリー」よりも輝き、パワーを持つ存在、ヒトの心に光と影を焼き付ける「スター」に、なり得るのだ。ごく限られた人、本当のスター、マスターな、アイドルは。
12-23 23:42

本来、スターの魅力に限界は存在しない。スターの限界を語るということは、ヒトの想像力の果てについて語るのと同義である。 記号で形づくられた理想の偶像を遥か超えたところにこそ、アイドルの真価が、すばらしさが、ある。きっと。
12-23 23:59

12/14のツイートまとめ

worldendproduce

メインのHDDバックアップ中。2テラ分のバックアップは一日がかり。デジタルだろうがアナログだろうが、データというものは消える時はあっけなく消えるものだけど、やらずにする後悔は結構、苦いものだから。
12-14 00:22

外付けも含めると全部で5テラ分のHDDの約五割を、箱マスコミュのキャプチャデータが占めている。重複しているデータや低画質データも相当数あるので、いい加減整理しておくタイミングかもしれない。
12-14 00:28

ある日突然すべてのデータが消えても、なんとかなりそうだとは思う。そうなったらそうなったで、かえって身軽になって色々出来そう。身につけたものとか、積み重ねた思考とか、育ってきた気持ちが消えるわけじゃないから。
12-14 00:42

...と、思ったけれど、何百時間もかけていまだ日の目を見てない未完の手描きアニメだとか、思いついたことを書き留めている大量のメモだとか、東京やら京都やらを撮った四季の写真だとかが消えるとやっぱりショックなので、できればそのへんのだけは消えませんように。
12-14 00:49

12/10のツイートまとめ

worldendproduce

綿棒芯はこまめにサンドペーパーをかけて削りながら使用。鉛筆芯は、PC非起動時でもメモ書きなどに使用可能。 …なんだかひどく、アナログちっくなウチのタブペン。用途に応じて、芯を交換しながら使っていこう。絵のプロさんではないんだから、楽しみながら使えばいいのだ。
12-10 00:02

ファーストプロデュースの挿絵の線画は、ベジェ曲線で描いていた。アナログでの線引きはまだまだ下手くそ。でも楽しい。 ただの一本線でも、かすかに強弱をつけるだけでイキイキして見える、みたいなちょっとした発見があるのが、アナログでのおえかきの面白さのひとつ。
12-10 00:14

12/09のツイートまとめ

worldendproduce

ファーストプロデュース・最終話更新。サムネの画像、セピアにするのを忘れていて、アップし直そうと考えたが、思い直した。ある意味、最後はカラーがふさわしいのかもしれない。
12-09 03:22

今回のシリーズについて、当初予定していなかったのが、サムネ用の1枚絵。アップするごと、ほぼ一日1枚、描いた。
12-09 03:26

いい経験になった。 …次は、ウェブページの方もそろそろ動き出さないと、だ。
12-09 03:30

ToKyo24の方も、形にしていきたい。現在東京関連の本を読みあさっているところ。年末は建設中の東京スカイツリー見に行くぞー。たのしみだぞー。わーい。
12-09 03:43

ペンタブの自作ペン芯についての追記。綿棒芯(無印の細軸を使用)は、力を入れて描いていると、すぐに先がつぶれて、書き味が悪くなる。強度や剛性など総合的に考えると、やっぱり純正芯こそ気持ちよく描き続けるための至上のバランスなのだと再認識。
12-09 23:51

鉛筆芯は、描き心地は大変いいけれど、とにかく下に敷いてる紙がすぐに真っ黒になり、手も汚れるのが難点。いつの間にか紙からはみ出すことが多く、ペンタブ本体のあちこちに黒い線が伸びているのがみすぼらしい。
12-09 23:58

やっぱ純正芯、買おうっと。
12-09 23:58

12/04のツイートまとめ

worldendproduce

先ほど、ファーストプロデュースの十一話目をアップしたんだけど、その後でとんでもない事実に気付いてしまい、あわてて公開を停止した。アップし直す。
12-04 23:17

ファーストプロデュースでは、relations→思い出をありがとう→蒼い鳥→太陽のジェラシー→THE IDOLM@STERと言う選曲をしたんだけれど、五曲目のアイドルマスターのステージ風景だけ、全然別のフォルダに転がっていた。
12-04 23:20

なんでこんなところに置いてあるんだろうと思いつつ、やけに画質がいいそれを十一話に含めておいたんだが、なんだか違和感がぬぐいきれない。ニコニコにアップしたあとの映像を見ながら、その理由にはたと思い当たった。
12-04 23:22

whoのファーストプロデュースでは、「五曲目に選んだTHE IDOLM@STERを、一度もステージ披露できていない」。とっておきの最終曲選択後のオーディションは、連敗につぐ連敗、結局テレビに出演する機会がなかったのだ。おまけに、美希がノーミスで歌いきったことさえ一度も無かった。
12-04 23:25

件の「THE IDOLM@STER」は、それは、二周目のものだったことを思い出した。二周目も美希と歩き、はじめて、一度もミスなしで唄いきったステージ。あんまり嬉しくて、ビデオデッキを通さずに、直接PCの五秒遅延する安物キャプチャに繋いで記録したものだった。
12-04 23:31

録った当日に、しっかりニコニコにアップしていた。『アイドルマスター 美希 ノーマルPV 「THE IDOLM@STER」』http://www.nicovideo.jp/watch/sm655425  芋づる式にいろいろ思い出してきて、懐かしくなった...
12-04 23:34

訂正。2007年7月16日が、ファーストプロデュースの一年。17日から18日が、二周目の一年。
12-04 23:41

12/03のツイートまとめ

worldendproduce

ファーストプロデュースの動画、いよいよ終わりが見えてきた。一年間は、短い。
12-03 22:03

今後もwhoのMADを楽しんで見ようという奇特な方は、絶対に、ファーストプロデュースをきちんと通して見ておいた方がいい。 なんか自分で言うとアレだけど。 たぶん、これ以降のwhoの作るものすべてにおいて、見え方も得られる物も全然変わってくる。
12-03 22:09

理由は、以前書いたこの記事を参照すると分かる。http://mikiologymm.blog120.fc2.com/blog-category-10.html  http://mikiologymm.blog120.fc2.com/blog-category-13.html
12-03 22:12

自分は、「美希PV」というMADで美希に興味を持ち、「記憶のメモリー」というプレイ動画で彼女を知り始め、MADを作るようになり、それから箱マスに至った。世界の隅からあらためて一から出直すにあたり、今は、もう一度そのプロセスをなぞっているのかもしれない。
12-03 22:28

ファーストプロデュース完結後の自分のMADを、誰よりもwho自身が、楽しみにしてる。たいへん幸せなことである。
12-03 22:29

ちょっと訂正。「記憶のメモリー」以上に、「永井先生のアイドルマスター」の存在が大きかった。リアルタイムでずっと追っていて、アイマスというゲームそのものに興味持ったきっかけ。自分のファーストプロデュースを録画したのも、あのシリーズの影響が大きかったかも。
12-03 22:44

ともかく、ファーストプロデュースをエンディングまでアップし終えたら、ぶっ通しで一話から最後まで、見てみよう。二時間超えるだろな。たのしみー。
12-03 22:45

12/02のツイートまとめ

worldendproduce

今日は...もう昨日になったけど、可愛い美希の絵描けた。最近の感覚だと、三時間以上かけて描くとなんとか「美希」になる気がする。自分的に。逆にそれ以内で適当に描くと、高確率で「誰子」と化す。
12-02 00:39

ペンタブペンの芯を鉛筆芯にした件ですが、意外と長持ちしてます。敷いてる紙がすぐに真っ黒になって手が汚れることや、いつの間にか紙からはみ出して、ペンタブのシートに書いてしまっていたりするのが問題。
12-02 02:38

ペンタブペンの替え芯鉛筆仕様。 線を引くときにはすごくいい。ただ、ベジェ曲線をいじったり、色を塗ったりする作業にはあまり意味がない、というか、敷いてる紙が鉛筆の汚れですぐ真っ黒になってしまうので、用途によって、純正芯や綿棒芯に差し替えている。
12-02 02:42

11/29のツイートまとめ

worldendproduce

今日は知人に、勇気をもらってしまった。それは小さいけれど、大きな原動力に繋がる。まだそれが自分の中に残っていたことに我ながら少し驚いた。 ...MADには全然関係ない、でも自分にとっての「美希」にはおおいに関係あるハナシ。
11-29 21:44

remembranceと言う動画シリーズは元々、ある大切な友人に向けて作ったものだった。いつも公開前に一番に見てもらっていたのは、喜ばせたいのと同じくらい、好かれたかった、認められたかったからだと思う。
11-29 21:51

一万人に見てもらえるより、たった一人に「楽しかった」と言われることがずっと幸せ。だから自分は美希を好きになったのか、美希を好きになって彼女に影響されたのかは曖昧で、あるいは両方正解かもしれない。
11-29 21:54

話して伝えるのも、態度で伝えるのも、苦手。だから、自分は「作る」しかない。良いものを作って、喜ばせたい、そして、認められたいから。
11-29 21:58

誕生日の生放送で、whoの動画を大切に観てくれている人たちに対して、「自分も皆様を利用しているだけだから、皆様も必要に応じてwhoの動画を利用する、お互い対等な目線でいられるのが理想」と発言した。みんなのためじゃなく、特定の誰か達のために、WEPは立てているのです。
11-29 22:05

ただ、不特定多数の応援してくれる人達がニコやブログで盛り上げてくれたから、今のwhoがあるのは忘れちゃいけない、本当の事。だから、自分が自分と誰かのために作る何かを結果的に、観てくれる方々に喜んでもらえたなら、それをささやかな恩返しとさせてください。身勝手な言い分ですけど...
11-29 22:15

そういう意味でも、ワールドエンド(世界の果て)引きこもり活動を、しばらく続けていく予定。大切な誰かに届くように、強弱織り交ぜて、日々、電波を飛ばす。
11-29 22:19

何にしても、まず「作らなければ」、お話にならない。頑張る。
11-29 22:23

11/24のツイートまとめ

worldendproduce

ブログでも書いた通り、下の方で語った「初プロデュースを録ったビデオ」はおそらく一年も前に、消失していました。今頃気付くなんて、本当に自分ってやつは...
11-24 01:05

それは本当に大切なもの、宝物だと思っていましたが、でも、違ったようです。月並みな表現になりますが、失くしたからこそ、その根底にあった本当に本当に大切なものは、「無くならないもの」なのだと感じたから。
11-24 01:08

美希は、自分にとっては、「無くならない」大切な存在です。
11-24 01:09

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。