水瀬伊織

次の動画の準備をするために、
何となく伊織のremembranceを見返したら、夢中で最後まで見てしまった。
自作というより、本編のシナリオを再構成した動画なんだから、そりゃ夢中にもなる。
何度でも書くけど、無印アイマスのシナリオは、知れば知るほど、本当によく出来てます。

あと、動画のコメントを見て、そういや今日5月5日だったなと。






以前にも書いた記憶がありますが、
エピローグの伊織の「蒼い鳥」、
あれはプロデューサーの心を根本から確実につかみとるための、
水瀬伊織一世一代の策でした。

プロデューサーはアイドルとしての伊織の飛躍に驚愕していますが、
これこそ伊織の策の肝。

あれは、5分たらずのあの一曲だけに特化して、ひたすら研鑽した成果です。
多忙な伊織にとって、かつてのようにアイドルとしてのトレーニングを
万全にこなし続けることはできず、また仮にこなしたとしても、
あの日見た自身の限界を超えることはできない事が本人にも分かっていました。

そこで、ただ一曲に自身の時間と能力を注ぎ込む事で、
かつての自分の限界を大きく突破する、特別なステージを作り上げました。
これは同時に、彼女の構想する新しいアイドルプロデュースの、
自身を使った実験でもありました。

その総まとめとして、劇中直前に、
既に世界的歌姫となりつつある如月千早とステージ対決をしており、
その時の内容次第では、自身のアイドルプロジェクト構想を、
机上の空論として破棄する覚悟でした。

対決の結果、自分の道に確信を得た伊織は、
満を持して自分のプロデューサーの元を訪れるのでした。


ところで、この伊織のツンデレーション、伊織の親友であるところの、
高槻やよいのことが全くと言っていいほど、触れられません。

これは、この物語が水瀬伊織担当プロデューサー視点であり、
表面上、伊織とやよいのアイドル性がだいぶ違うからですが、
次の、高槻やよい編とあわせて見ると、
アイドルとしての伊織とやよいの本質的な、
つながりも見えるかなと思います。

伊織とやよいは、全然違うようでいて、
アイドルとしての才能を発揮していく過程で、
根本部分にかなり通じる部分があきらかになります。
そしてそこからまた全く別の才能が開花していくのも面白いところ。

本当は伊織動画アップ後、1年以内にやよいの分もあげるつもりだったので、
その辺触れられないままでした。
それで気づいたら、もう8年です。…8年て…


高槻やよいのremembrance、今年こそはアップします。
8年ちまちま作り続けてましたが、今年こそは必ず。
でなきゃ、いつまでたっても美希のremembranceも進まないし。

(実は、今年のやよいの誕生日あたりにと思って、
昨年末あたりから準備はじめてましたが、オーロラディーヴァが)


yayoi.jpg

MiracleMiki is MiracleKawaii!

ミラクル美希がミラクル可愛い!/高画質版(YouTube) 英語訳字幕付
1920*1080 60fps

いくつかの動画サイトに上げて画質比べしてみて、
結局YouTubeに落ち着いた。
これでも大分画質が下がってるのが残念。未来の技術に期待。


↓英語訳字幕版。(ニコニコ動画)
内容は先に挙げたものと(観客以外)同じ。
(あきらかに間違いのある訳文があれば、コメントで教えて下さい)



美希動画に、英語訳をつけたいと昔っからずっと思ってた。
動画は、せっかく海外からも見られるんだから、
美希の魅力がより世界へ伝わってほしい。べき。

動画作りに際して、MiracleNightの歌詞を何度も読み込んだけど、
本当に良い歌で、楽しい時間だった。
99nightsを彷彿とさせる、切ない中にも希望が見え隠れする、
優しい物語がある。大好きだ。

ミラクル可愛いミラクル美希ラクル


美希を好きになって(だいたい)10年。ミラクル。
あたため過ぎてノーマルPVというより、アブノーマルPV。ミラクル。
美希が可愛い。ミラクル。

Miracle Nightについて4

ミラクル美希がミラクル可愛い。
画質がぎりぎり妥協点のところまで行ったので、
とりあえず完成とする。
細かい作業や見直しをして、2、3日中にアップロードする。
それが終わったら、今年はMAD動画を作る。

ss_20170426224437868.jpg
完成までに結局半年かかった。
ノーマルPV1本の編集にこれだけ時間をかけるのは、
自分にとって後にも先にもこのMiracleNightだけだと思う。
曲は万単位で聴いたし、ステージはすでに5千回以上観た。
それでも全く飽きない魅力が、美希のMiracleNightにはある。

そこからさらに、自分好みの振り付けやカメラを選りすぐるという贅沢。
最高。




sas.jpg


sasaa.jpg


sasa.jpg
サムネ候補。

Miracle Nightについて3

M試作

半年夢みてようやく完成した、Miracle NightのノーマルPV。
なんだけど、ニコニコにアップロードすると、画質低下があまりにも酷すぎる。
試行錯誤しつつ何パターンか上げてみたけど、どれもあんまりな有様。

以前の記事で書いた通り、去年の秋にMiracleNightの動画見て、
それがあまりに綺麗だったからこのゲームに興味を持ったわけで、
多分あの画質が悪かったら、あそこまで感動してなかった。
だからMiracleNightは、自分が上げるときも綺麗にしたい。

もうしばらくエンコード色々試して、
画質が何とか見られる出来になったら、公開する。

Miracle Nightについて2

前々から何か違和感感じてたけど、やっと気づいた。
振り付けとは別に、顔の動きも数パターンあるっぽい。
たとえば、カメラに対して、「顔ごと向く」or「目線だけ送る」みたいな。


↓こういう風に
a1.png

a2.png
どちらも同じ曲のまったく同じ部分を、アップカメラで右側から撮ったもの。
一回目に撮ったステージと、二回目に撮ったステージで、顔の向きだけが違う。
この差が、かなり印象を左右する。

ここのシーンの場合、正面向きとやや外側向き。
その結果、視線が上目遣いと横目遣いの違いになっている。





b2.png

b1.png

b3.png
重ねてみるとこの通り、肩から下は寸分違わない。






急に顔の向きを変えるのではなく、直前から振り付けと共に向きを変えている。

向かないパターン                      向くパターン
c4.png

↓                               ↓

c3.png

↓                               ↓

c5.png
今日気づいて、とりあえずざっと見ただけだけど、ほぼ全編通して、
振り付けとは別に顔の角度が常時2パターン(以上)あるっぽい。







e.png
プラチナスターズのモデルはあきらかに正面特化型で、次点で横顔も美しいものの、
ななめ顔は苦手分野で、Pとしてはあまり注視したくないしさせたくない。
だから、同じカメラ角度でも顔の向きに選択の幅があるのは有り難い。



c1.png
この角度よりも、

c2.png
こっちのが絶対可愛いもの。


でもこれ、顔の向きはランダムなんじゃないかなぁ。
色々試して見たけど、直前のカメラワークとかも関係なさそうだし。
狙っては選べない気がする。
たぶんこれは、ライブ感を高めるためのスタッフの工夫のひとつで、
気づいていないだけで、こういうこだわりが細部にわたって色々あるんだろう。

実機でライブ数千回見てもはっきりとは気づけず、
キャプチャして動画編集で並べて見比べてやっと分かるレベルのこだわりが。

God is in the details.





それにしても、MiracleNightのステージは素晴らしい。

Miracle Nightについて1


Miracle Nightは、本当に素晴らしい。
これを見られるだけで、
このゲームにまつわる苦労も不満も些末なことに感じられる。

MND_20170314003802d36.jpg

MND33.jpg

MND116.jpg

この曲はソロも良いけど、クインテット(5人ステージ)が真骨頂。
振り付けが立ち位置によって、全部違う。
しかも、センターがずっとメインというわけではなく、
歌のパートごとに振り付けのメインとなる場所がコロコロ変わるので、
それを追うだけでも際限なく楽しめてしまう。

写真のように、こうやって各立ち位置の動画を並べて一斉に再生すると、
その凄さがよく分かる。


面白いのが、メインの振り付けの裏で、
くるくる回ったり、観客を煽ったりと面白い動きをするパートもあることで
数十回どころか、数百回見ても、全然把握しきれない。

にもかかわらず。
ステージがこんなに素晴らしい一方、
カメラ機能が10年前からほとんど進化していないどころか、
昔はあったステージ前のパート分け機能や、
カメラ位置設定機能が削除されている。

そのため、理想のステージを記録するには、
一瞬も気を抜くことなく、コントローラーのあらゆるボタンを駆使して、
カメラを手動で切り替えまくる必要がある。

完成までには相当の時間と技術と、運までも必要なのが、
本当、勿体ないというかもどかしいというか。


MND6.jpg
一例:カウントダウン「4!」のパートの2番手(右から2番目)、
直前に一人だけ投げキスをするため、他より後ろに下がる動きが一拍遅れ、
そのまま振り返り気味に「4」ポーズを決める

オーロラへの道(555時間)

9月 プラチナスターズ購入

10月6日 「アマテラス美希がアマテラス可愛い」アップロード
      「次はレア衣装のオーロラディーヴァが来たら本気出す」と目標を定める

11月 「オーロラディーヴァが来たら本気出す」

12月 「オーロラディーヴァが来たら本気出す」

1月 「オーロラディーヴァが来たら本気出す」 

2月 「オーロラディーヴァが来たら本気出す」 

今日 「あああ…おおお…はぁぁぁぁ……(果てしなく長いため息)」

Read more...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。